自己破産後でも作れるクレジットカードにはどんなカード会社があるの?

自己破産後でも作れるクレジットカードにはどんなカード会社があるの?

自己破産した後だって、クレジットカードが必要になることがありますよね。
自分の買い物でなくても、仕事で立て替え払いをしなくてはいけないこともありますし、クレジットカードがないと不便だと感じる方も多いでしょう。
自己破産後に作れるクレジットカードにはどんなものがあるでしょうか。

 

家族カード

どうしても早くクレジットカードを持ちたいという人は、配偶者などにクレジットカードの会員になってもらい、その家族カードを作るという方法があります。
家族カードはの審査は、その家族ではなくクレジットカード会員の信用情報を基に行われますから、あなたが自己破産していても作ることが可能なのです。
ただ、この場合限度額の枠は配偶者と共通になりますし、配偶者に定収入がなければ審査を通らない可能性もあります。

 

外資系のカード

自己破産をした後にクレジットカードが作れないのは、信用情報機関というところに自己破産したという情報が掲載されているからです。
そして、クレジットカードの申し込みがあった時の審査でその情報を閲覧し、自己破産しているという時点で審査を通ることはほぼありません。
しかし、これは国内のクレジットカード会社の場合です。

 

外資系のクレジットカード会社では、過去に自己破産をしていても現在、きちんと収入があって返済能力がありそうだ、ということになると審査を通してくれるのです。
もちろん、それなりの定収入がなければいけませんが、国内のクレジットカード会社では審査を通る確率はほぼゼロなので、それよりはずっと望みはあるでしょう。

 

元債権者以外のクレジットカード

自己破産した後、5〜10年経つと信用情報機関の情報は消去されます。
そうすると、その時の収入や属性によってはまた新しいクレジットカードを作ることは可能になりますが、自己破産した時の債権者のカードは申し込むだけ無駄です。
信用情報機関の事故情報がなくなっても、社内情報はほぼ半永久的に残っています。
元債権者以外のクレジットカードを作るようにしましょう。

関連ページ

自己破産してもクレジットカードを作れるのでしょうか?
自己破産デメリットナビでは、弁護士使用を減らすための3つの方法を紹介しています。クレジットカードやローンなど、借金を抱えやすい現代。自己破産で楽になりたいという方は多いですが、一体どの弁護士に依頼すれば良いのか、弁護士事務所情報もまとめています。