自己破産してもクレジットカードを作れるのでしょうか?

自己破産してもクレジットカードを作れるのでしょうか?

クレジットカードは現金がなくても買い物ができる、とても便利なものです。
しかし、自己破産してしまうとクレジットカードが作れなくなるという噂があります。
本当に自己破産してしまうとクレジットカードは作れないのでしょうか。

 

信用情報が消えた後なら・・・

クレジットカードを発行する際は審査が行われます。
自己破産をするとこの審査に通ることが難しくなるのですが、なぜクレジットカード会社は自己破産したことを知っているのでしょうか。
それは、信用情報機関というところにデータが残っていて、クレジットカードの審査の際にそれを参照するからです。

 

信用情報機関にはCIC、JICC、KSCの三つがあり、銀行や消費者金融、クレジットカード会社はいずれかに加盟しています。
自己破産の情報はCIC、JICCでは最長5年、KSCでは最長10年保存されます。
反対に言えば、この期間を過ぎれば自己破産の情報が消えるので、クレジットカードを作りやすくなるのです。

 

ただ、自己破産にした時に使っていたクレジットカードは審査に通ることはないと思いますから、他のクレジットカードに申し込みましょう。

 

自己破産の記録が消えても作れない場合

クレジットカードは、全く利用したことがない人よりも利用したうえできちんと返済する人の方が審査を通りやすいのです。
自己破産の記録が消えても審査を通らないという人は、携帯電話の分割払いでクレジット歴を付けましょう。
携帯電話の分割払いは審査が甘いので通りやすく、クレジット歴を付けることでクレジットカードの審査にも通りやすくなります。

 

すぐにクレジットカードが欲しいなら

自己破産の記録が消えるまで待てない、今すぐクレジットカードが欲しい、という人もいるでしょう。
そんな人はアメリカンエキスプレスなどの外資系のクレジットカードに申し込んでみましょう。

 

外資系のクレジットカードは自己破産という過去の事実より現在の状態を重視して審査をするのです。
もちろん、きちんと返済してくれそうな人にしかカードを発行してくれませんが、自己破産後、定職に就いて真面目に働いているなら審査に通る可能性はあります。

 

詳しくはこちらをご覧ください。
>自己破産後でも作れるクレジットカードにはどんなカードがあるの?

関連ページ

自己破産後でも作れるクレジットカードにはどんなカード会社があるの?
自己破産デメリットナビでは、弁護士使用を減らすための3つの方法を紹介しています。クレジットカードやローンなど、借金を抱えやすい現代。自己破産で楽になりたいという方は多いですが、一体どの弁護士に依頼すれば良いのか、弁護士事務所情報もまとめています。