自己破産後に住宅ローンは組める?その方法〜融資を受けるには〜

自己破産後に住宅ローンは組める?その方法〜融資を受けるには〜

自己破産をした人でも、その後経済状況が改善してマイホームを買いたい、と思うこともあるでしょう。
そんな時、自己破産の過去があっても住宅ローンを組むことができるのでしょうか。

 

信用情報機関の登録が消えるまでは難しい

自己破産をしたという情報は、信用情報機関に掲載されます。
信用情報機関にはクレジットカード会社が多く加盟しているCIC、消費者金融が多く加盟している日本信用情報機構(JICC)、銀行が多く加盟している全国銀行個人信用情報センター(全銀協)の3つがあります。
これらの機関に自己破産や延滞等の信用情報が登録されており、クレジットカードやローンの審査時にそれぞれ加盟している信用情報機関の情報を参照して審査の結果を出すのです。
そこに自己破産の情報があれば、まず融資の許可はおりません。
ただ、自己破産の情報はCICとJICCは5年、全銀協は10年で抹消されますから、その後であればその時の収入などの属性によって住宅ローンを組むことも可能です。

 

できるだけ早く融資を受けるには

金融機関の中には複数の信用情報機関に登録しているところもあります。
どの信用情報機関に登録しているかは、ホームページ等で調べることが可能です。
ですから、5年で自己破産の情報が消えるCICとJICCに加盟していて全銀協に加盟していないところでなら5年後に融資を受けることが可能になるかもしれません。
ただ、信用情報機関の情報が消えても社内情報は消えませんから、自己破産した時の債権者は融資をしてくれることはほとんど無いと思った方がいいでしょう。

 

フラット35がおすすめ

とは言っても、住宅ローンを組む時には銀行を利用する人が多いのではないでしょうか。
そうすると、ほとんどの銀行が全銀協に加盟していますから10年は住宅ローンが組めないことになります。
そこでおすすめしたいのがフラット35です。
フラット35は民間金融機関と受託金融支援機構が提携してできた住宅ローンで、ノンバンクも取り扱っていますからそこでなら5年後から融資を受けることができる可能性があります。

関連ページ

自己破産後にマイホーム・家財は差し押さえられるの?
自己破産デメリットナビでは、弁護士使用を減らすための3つの方法を紹介しています。クレジットカードやローンなど、借金を抱えやすい現代。自己破産で楽になりたいという方は多いですが、一体どの弁護士に依頼すれば良いのか、弁護士事務所情報もまとめています。
自己破産をすると家族(夫・妻・子供・親)に影響はあるの?
自己破産デメリットナビでは、弁護士使用を減らすための3つの方法を紹介しています。クレジットカードやローンなど、借金を抱えやすい現代。自己破産で楽になりたいという方は多いですが、一体どの弁護士に依頼すれば良いのか、弁護士事務所情報もまとめています。
自己破産は結婚に影響はある?自己破産の噂、嘘と本当
自己破産デメリットナビでは、弁護士使用を減らすための3つの方法を紹介しています。クレジットカードやローンなど、借金を抱えやすい現代。自己破産で楽になりたいという方は多いですが、一体どの弁護士に依頼すれば良いのか、弁護士事務所情報もまとめています。
自己破産したら連帯保証人はどうなるの?
自己破産デメリットナビでは、弁護士使用を減らすための3つの方法を紹介しています。クレジットカードやローンなど、借金を抱えやすい現代。自己破産で楽になりたいという方は多いですが、一体どの弁護士に依頼すれば良いのか、弁護士事務所情報もまとめています。
自己破産をしても税金は払い続けるの?滞納しているとどうなる?
自己破産デメリットナビでは、弁護士使用を減らすための3つの方法を紹介しています。クレジットカードやローンなど、借金を抱えやすい現代。自己破産で楽になりたいという方は多いですが、一体どの弁護士に依頼すれば良いのか、弁護士事務所情報もまとめています。