自己破産を弁護士事務所に依頼するメリット・デメリット

自己破産を弁護士事務所に依頼するメリット・デメリット

弁護士

自己破産の手続きは、およそ9割の人が弁護士に依頼しているそうです。

それだけの人が利用しているということは弁護士に依頼するメリットが大きいのでしょうか。
デメリットはないのでしょうか?
ここでは、自己破産を弁護士に依頼するメリットとデメリットをまとめました。

 

メリットは?

自己破産の手続きを弁護士に頼む最大のメリットは、面倒な手続きから解放されることです。
自己破産の手続きにはたくさんの書類を作成し、財産リストを作り、裁判所に申し立てなくてはいけません。
まず、書類をもらいに行かなくてはいけませんし、書類に不備があれば受理してもらえませんから、また裁判所に行かなくてはいけません。
借金に追われて不安定な時期にこんなに面倒なことができるでしょうか。
弁護士に依頼すればこういった煩わしさから解放されます。
また、プロに任せた方が免責許可の決定を受けられる確率は確実に上がります。
また、借金の取り立てを止めることもできます。

弁護士ならではのメリット

自己破産の手続きは弁護士だけでなく司法書士に頼むこともできます。
しかし、弁護士に依頼すると少額管財事件にすることができる場合があります。

 

自己破産をする時には予納金というものを収めなくてはいけませんが、財産がある場合は管財事件となり、予納金は最低でも50万円という高額になってしまいます。
しかし、弁護士が代理人であれば一部の裁判所では少額管財事件とすることができる場合があり、そうなると予納金は最低20万円とかなり安くすることができます。

 

また、弁護士は司法書士と違って即日面接の制度を利用できます。
これは自己破産の申し立て当日に弁護士が裁判官と面接し、支払い不能となればその日のうちに破産手続きが開始されるのです。
そのため、通常より1〜2ヶ月早く手続きを終えることができます。

弁護士に依頼するデメリット

弁護士に依頼するデメリットは費用がかかることです。
弁護士の費用は事務所によって異なりますが、一般的には着手金で20〜40万円、成功報酬で20〜40万円というところで決して安くはありません。
これらを踏まえて依頼するかどうかを決めましょう。

 

>自己破産を司法書士事務所に依頼するメリット・デメリットはこちら!