自己破産における「免責」とは?〜免責と免責不許可事由〜

自己破産における「免責」とは?〜免責と免責不許可事由〜

免責

自己破産の申し立てをすれば自動的に借金がなくなる、と思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、実はそうではありません。
免責を受けることができなければ借金はなくならないのです。
免責とは一体どういうことなのでしょうか。

 

免責は裁判所による許可のこと

自己破産の申し立ては、ただ単に支払いができませんと裁判所に報告しただけのことです。
その際に提出する書類や裁判官との面接によって裁判所が借金を帳消しにするのが適当かどうかを判断し、その許可を与えます。
それが免責です。
この免責を受けて、初めて借金がなくなるのです。
破産手続きの開始や弁護士・司法書士に依頼した時から借金の取り立てがなくなりますからつい安心してしまいがちですが、その時点ではまだ借金はなくなっていないのです。

自己破産手続きの流れ

自己破産の申し立ては裁判所に書類を提出することで始まります。
その後、裁判官の審問を受けて破産手続きの開始が決定されます。
その後、換価するべき財産があれば、その財産を債権者に分配する管財手続きが行われます。
この時点で債権者に残っている債務についてはまだ自己破産を申し立てた人の借金のままなのです。
その後、裁判所が申立書や陳述書を調査し、免責するべきか否かを判断して免責の許可不許可の決定がされます。
ここで許可をされて初めて借金がなくなるのです。

免責不許可事由とは?

免責不許可事由とは、こういった行為をした人には支払い義務をなくすのは適当ではないと判断される行為のことです。
その行為には、

  • 財産をわざと隠したり壊したりしてその価値を不当に減少させること
  • ギャンブルや浪費によって借金を作ること
  • 破産状態にあることを知っていながら新たに借金をすること
  • 以前免責を受けてから7年以内にあること
  • 業務や財産に関する書類を偽造・隠匿すること

などがあります。
しかし、免責不許可事由に該当する場合でも裁判官の裁量によって免責許可が下りることが多いようです。

 

免責を受けるためにも、自己破産を考えている方は、弁護士や司法書士などの専門家に相談しましょう。