弁護士と司法書士費用相場の違い<着手金・報酬>

弁護士と司法書士費用相場の違い<着手金・報酬>

弁護士と司法書士って何が違うの?
  • 弁護士…法律行為を代理してくれる有資格者。
  • 司法書士…認定司法書士以外は法律行為を代理は出来ず、書類作成代行が主な業務。
弁護士費用の相場
弁護士弁護士によって費用は異なりますが、自己破産の場合の目安は着手金が20〜30万円、成功報酬が20〜30万円くらい
司法書士弁護士より10万円ほど安い相場ですが、債務金額は140万円以下と制限があります

法テラスでは弁護士費用を立て替えてもらい、後で返済することも可能ですがまた借金をすることに抵抗がある人も多いです。

借金で首が回らなくなって自己破産したい、と思っても自分で手続きができる人はあまりいません。
基本的には弁護士や司法書士に依頼することになりますが、費用がかかります。
一体どれぐらいの費用がかかるのでしょうか。

 

初期費用

弁護士や司法書士に依頼した際に支払う費用には通常、着手金と成功報酬があります。
弁護士の場合の着手金は20万円〜40万円と書かれている場合が多いですが、司法書士の場合、そのような表現は使わずに自己破産の手続き代理報酬はいくら、というように書いていることが多いようです。
ただ、自己破産などの債務問題では依頼者はお金に困っていることが多いため、弁護士事務所でも初期費用(着手金)がいらないところも増えており、成功報酬も併せて分割払いができるところも増えています。

 

弁護士と司法書士の報酬

一般的な相場としては、自己破産の手続きを弁護士に依頼すると着手金が20〜40万円、成功報酬が20〜40万円というのが一般的なようです。
これに対して司法書士に依頼した場合は着手金・成功報酬合わせて15〜30万円ぐらいです。
もちろん、これらは事務所によって違うのですが、司法書士の方が安くなっています。
これは、司法書士はあくまで書類作成を行うだけなのに対して、弁護士は本人の代理人として自己破産の申し立てをできるという違いがあるからです。
自己破産の申し立てをすると、裁判官との面談が必要な場合があります。
そんな時、弁護士なら本人の代理として答えることができますが、司法書士にはできないのです。

 

実費はいくらかかる?

自己破産の費用には、弁護士や司法書士に支払う報酬の他に実費が必要になります。
これは、財産を持っていない、破産管財人の選任がない人の場合は収入印紙代が1,500円、切手代が3,000円〜15,000円ぐらい、予納金が10,000円〜30,000円になります。
しかし、財産を持っている人が自己破産すると管財事件となり、この予納金は最低でも50万円必要になります。
(ただし、弁護士に依頼する場合は、少額管財事件として扱えることがあり、その予納金は原則として法人1社あたり20万円となっています)

 

この実費は報酬に含んでいるところと別料金のところがありますから、依頼や相談をする時はまず聞いてみて下さい。