自己破産後の収入や財産は差し押さえられない?自己破産の間違った噂

自己破産後の収入や財産は差し押さえられない?自己破産の間違った噂

自己破産では資産価値の高いマイホームは差しおさえられることになりますが、その不安な要素から、様々な間違った噂があるようです。
ここでは、そんな間違った噂についていくつか挙げてみました。

 

自己破産後の収入や財産は差し押さえられない

自己破産をした後、働いて得たお金も差し押さえられてしまうのか、以前の借金が戻るのかと不安になる方がおりますが、自己破産を行った後に得た収入や財産に関しては差し押さえられることはありません。
例えば、自己破産をした後に事業を起こして成功しても、払えるようになったのだから以前の借金を返さなくてはいけない、ということにはならないのです。

 

お金はもう借りれない?働けなくなる?

金融業者などからお金を借りることはほぼ不可能なので難しいと思いますが、知人などからお金を借りることは可能です。
また、理解のある雇用者のもとで一からやり直すこともできます。
自己破産をすると、借金に追われていたそれまでの自分をリセットして、人生をやり直すことができるのです。
ただし、職を失った方が就職活動をする際、、信用調査をする会社があり、自己破産経歴がバレて落とされたという方もいるようです。

 

選挙権・免許証・戸籍・・・

自己破産については本当にいろいろな噂があります。
選挙権がなくなる、自動車免許が取り消される、戸籍に記載される、などなど・・・。
しかし、これらの噂はでたらめです。
選挙権がなくなったり、自動車免許に影響を与えたりすることはありません。
自己破産をすると市町村役場の破産者名簿という帳簿に記載されることは事実ですが、免責を受けることで抹消されますし、この帳簿は第三者が見ることはできません。
また官報には自己破産申し立て時と免責決定時に名前と住所が記載されますが、官報をチェックしている人はあまりいませんから周りの人に知られることもないでしょう。